2013年04月07日

KAN・京都市交響楽団スプリングコンサートライブレポ

KAN・京都市交響楽団スプリングコンサートライブレポ

(注)ネタバレです。


京都コンサートホールで開催された、京都市交響楽団(京響)と、KANさんのコラボレーション・コンサートへ行ってきました!

KANさん自らオーケストラ用にアレンジした。

詳細はそれしかわからなかったので、どんなライブ?コンサート?っていう感じで会場に入りました。

KANさんは去年、昭和音楽大学管弦楽団と共演していて、その際の本人のブログを読み直したところ、
なんと16曲もオーケストラアレンジしたという!!
今回コンサートの料金は2000円だったので、なんという破格の値段!
いいの?2000円で?何時に終わるの?とハラハラドキドキ。

さて、開演の15分前になりますと「プレトークショーをいたします」とのアナウンス。

そしてやってきましたわれらがKANさん!
みごとにエンビ服着こなしてます(笑)
正装だからいつもより大きく見える!と思ったら、
指揮者の広上淳一氏の身長がKANさんより低かったからでした(笑)

そして衣装の話を振られ、待ってましたとばかりに
「自分の結婚式でも、ライブでも着まわしているのでボロボロですけど」
と、そんなエンビ服着る機会普通ないでしょ?っていう突っ込み待ちのトークで入りましたが、

「私たちより綺麗なもんですよ」と広上さんに軽くすかされてました。

あと、きゃりーぱみゅぱみゅちゃんを心から好きですと言ったKANさん、きゃりぱみゅトークに持っていきたかったところですが、
ベリーズ工房の話に持っていかれ、なんとなくかみ合ってるのか、かみ合っていないのかというトークショー(笑)

そしてオーケストラアレンジをしていると先生と呼ばれるようになったらしく、今日の演奏がうまいと思ったら先生と呼んでくださいと言ってました。
あー、KANさんだーっていうトーク(笑)

場内の約半分がKANさん初めてだったようですが、なかなかつかみOKって感じで、なごやかムードで本編へ・・・。

1.キリギリス
オーケストラの真ん中にグランドピアノがセッティングされてました。

そしてKANさん、広上さん再入場!
なんと、お決まりの衣装!!!
心の綺麗な人にしか見えないという天使の羽着用です。エンビ服の上から背負ってます。
しかも指揮者の広上さんまで!!!(笑)
今日も心が綺麗で見れてよかったと思いました(笑)
グランドピアノに老眼鏡をかけて、背中に天使の羽が生えた燕尾服のKANさんに、
飛び跳ねるような指揮で、ほんとに飛んでいくかと思うくらい羽が羽ばたいていた広上さん。
ものすごいシュールな絵でした(笑)

そんな中、キリギリスのピアノが軽快に始まります。
それにストリングスが加わり、なんとも贅沢な演奏!!
普段のバンドライブとも、弾き語りばったりとも全く違う贅沢な世界観!
とにかく素晴らしかったです。

2.愛は勝つ
静かにストリングスでサビのメロディが流れ、KANさんのピアノが入り、歌が入り、サビでうわーーーーっと壮大に盛り上がり、
第九が織り交ぜられ、またうわーーーーっと盛り上がる!という感じでした。
オーケストラでしたけど、個人的にはロックを強く感じました。
終わったとき、「ブラボー!!」って言ってスタンディングオベーションしたかったのですが、周りがお上品だったのでおとなしく拍手だけにしました。
とにかく、愛は勝つという楽曲はすごいな、と思いました。
ちゃんとオーケストラになっているんですもん!!第九になっても違和感ないんですもん!!
隣のKANさん初というおばさんが、途中で第九になった時に、超うけてました。
面白いわね〜。と言われていたのでなんだかとてもうれしかったです。
トークもうけてました。
そうなんです。KANさんは、トークも、楽曲も、本気でバカやるとこも天才的なんです(笑)
それをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです!こんなにおもしろい人なのに(笑)
2曲目で愛は勝つですよ!あとは何が来るのー??って期待感が高まります。

3.オー・ルヴォワール・パリ
なんとここで、バンドライブのキーボード奏者矢代さんの登場です!!
ダンディすぎて誰かわかりませんでした。
難しい曲なので、矢代さんにピアノを託し、ハンドマイクで歌に集中したいとのこと・・・。
あと、曲のラストでストリングスがうわーっと壮大に盛り上がって、一度静かになったら、そこで終わりではなくて、
ピアノと歌だけになってそれからもう一度ストリングスが入って終わりますので、一度静かになったところで拍手をしていただくと
ピアノと歌がぐちゃぐちゃになってしまいますので、拍手は私がきちんとお辞儀するまでしないでください。
と、なんと拍手場所の指定(笑)
しかも、お辞儀し終わったら先生!と叫んでください、とまで言ってました(笑)
みごとにKANさんワールドに持って行ってます。場内大うけ(笑)
アレンジはわりとCDに忠実だったような気がします。
途中でモルダウになるのですが、また隣のおばさん大うけ(笑)
京響目当てのお客さんの心もがっちりつかんでいたようです。
何回かオーケストラのコンサートに行ったことがあるのですが、はじめて一つ一つの楽器の役割を感じることができたように思います。
そして一度静かになり、場内も静かになり、ストリングスが入り、KANさんがお辞儀したところで場内は割れんばかりの拍手喝采。
「せんせーい!!!」とスタンディングオベーションしたかったのですが、やはり周りがお上品だったのでできませんでした(笑)

4.世界で一番好きな人
これもCDに忠実なアレンジだったと思います。
忠実だからこそ、ここで、こんな音が鳴って、とかイメージしやすくて一番楽しめました。
自分が指揮者をしている錯覚したくらい(笑)
ストリングスの流れがとにかく綺麗です。
曲も当然美しいのですが・・・。
わぁ、これ弾き語りしてみたい・・・。
そしてKANさんはステージから消えていきました。

いつものバンドライブだと、ステージからはけたら反対側のステージそでから出てくるので、それを期待しましたが、さすがにそれはなかったです(笑)
今回は、オーケストラお決まりのカーテンコール。
3回くらい出たり入ったりするんだろうな、と思ってたのですが、いちいち細かいネタを仕込んで出てきましたよ(笑)
仕方ないな、的な感じで出てきたり、仲間をやたら褒めちぎったり、最後はきんちゃん走りでしたし(笑)

短い4曲、約1時間でしたが、濃密な4曲だったと思います。
ものすごく緻密に作られた感じがしました。
オーケストラの演奏で食い入るように見たのは初めてでしたし、鳥肌立ちました。
自分の楽曲を、オーケストラと一緒に演奏するなんて、KANさん贅沢の極みを堪能しているなぁ・・・。
見ている側も、新鮮で、緻密で、とても楽しめました。
苦手だったオーケストラもこれから見に行けるかも?楽しめるかも?と思わせてくれるコンサートでした。

そして後半は、京響だけのベートーベン「運命」でした。
第1楽章は覚えてますが、第2楽章あたりで意識が遠のき、気付いたら終わってました。(笑)
α派が出て心地よすぎたんですかね??
早くもオーケストラ克服説は覆されたのでした・・・。
posted by とよ at 22:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

ネタバレ斉藤和義弾き語りライブレポPart2!

斉藤和義 弾き語りライブinオリックス劇場2日目
2日目のレポは機材側なんか書きたいと思います!想像入ってますけど(笑)

注意。ネタバレです。



まずは、一日目との相違点と追加で確認できたことを。。。
三階からだったので、双眼鏡でみてもかなり遠いので間違ってるかもですが(笑)
でも足元、手元がよく観察できました。

メロトロンは、多分
Mellotron M4000D メロトロン キーボード デジタル式 ではないかと。メロトロンはよく知らないので、見た目判断ですが(笑)
手元の左端にデジタル画面がありました。
足元にBOSSのロータリーシミュレーターがあって、蕎麦屋のラストでロータリーかけてました。

シンセサイザーは、下北沢で買ったビクターのシンセサイザーとのこと。(本人談)
LOVE&LOVEでは、低音部にファイナルファンタジーみたいなバッキングを打ち込みしてました。

リッケンバッカーは、最近買った同い年の1966年製。
ファイアーグローカラー。
ピックアップは、ビンテージトースターピックアップ!

アンプはVOXアンプが、見たことないアンプに変わってました。

一日目見えなかった足元周りは。。。
せっちゃんから見て右側から、おそらくアコギなど、会場スピーカーから出てる方のラインかな?

チューナー/多分BOSSのミュートできるタイプ。

リバーブ/エレハモホーリーグレイル 現行のではなく、生産完了してる方です!アンプ側にももう一つあって、それだけでも贅沢な空間!

BOSSディレイ?白に水色のノブが見えたので、多分。

フットカホン。木箱の中にピエゾピックアップが内臓されているので、足でリズムをきざむと音がスピーカーから鳴ります。
私も持ってますが、踏むたびに前に滑って行くので、私には使いこなせません(笑)

フットスイッチ。年代物のリズムボックスのスタート、ストップに使ってました。

そして足元中央に、ループマシン。青くてフットスイッチが幾つかついてたので、デジテックの最新物?
最近買ったので、まだ使いこなせてないとのこと(笑)

そして足元左側。たぶんアンプにつながってるのかな?
2号のアンプ出力は多分こっちにつながってるかと。
バットタイムブルースでリバーブ踏んでましたし。

確認できたのは、ホーリーグレイル、BOSSツインペダルのエコー、あとディレイ系?の白いコンパクトエフェクター。ちょうどモニターが被って見えなかったですが、やさしくなりいのイントロ、アウトロのあのリフで踏んでました。

そんなもんかな。。。結構、想像だったり?(笑)

そして、セットリストと覚えてるMCです。
MCの場所は定かではないです。。。


1.何処へ行く(ギブソンJ45 3か4号
ヒョウ柄の茶色のブラウスに、黒いズボンで登場!

2.アメリカ(ギブソンJ45 3か4号)
ギターの低音がズーンとくる、とても心地いい音!

厚生年金会館の新旧比較を軽く。
二階のせり出した座席を、
偉そうな席、VIP席と言ってました。

3.愛に来て(ギブソンJ35・リズムボックス)
J35は半音下げチューニングだったようですね。
別のスタンドに置いてました。

今日は静かですね、というせっちゃんにものすごい数の声援が(笑)
すると、
静かでいいです、って(笑)

東京メトロのCMの主題歌の話と、これは東京の歌なので大阪の人は軽く聴き流して下さいとのこと(笑)

4.メトロに乗って(オベーション12弦アコギ)
子供の「さいとうかずよしさーん」という声援に、
フルネームだね。。。と応える(笑)

5.ウサギとカメ(ギブソンJ45多分4号)
アジャスタブルブリッジかどうか確認できなかったので、微妙ですが、3号らしき方が後でスタッフに持っていかれたのでおそらく4号かと。
シャカシャカ音が小気味よかったです。

6.負け犬の歌(ギブソンL00)
フィンガーピッキングです。
めちゃくちゃ上手いです。

7.Are you ready?(ギブソンJ35)
このバージョン、終わり方が渋すぎる!

今回の選曲は暗くて、マニッシュボーイズの後遺症とのことでした。(笑)

8.雷雨決行・クロマニヨンズカバー(ウーリッツァー)
曲紹介で今一番好きな曲とのこと。すごく雰囲気が素朴でいて、心にジワーとくる感じでした。

9.LOVE&LOVE(ビクターシンセサイザー)
ドラムパターンに、打ち込みに、右手でコードを弾いてました。
ブレイクで、音が一斉に止まったのがかっこよかった!

10.蕎麦屋・中島みゆき(メロトロン)
アウトロで、ロータリーかけてました。

11.月影(メロトロン)
13日より、なんか引きつけられるような演奏。雰囲気よかったなぁ。

12.名前をよんで(グレッチ)
3階だったからかもしれないですが、13日よりも音の広がりがありました。アンプが変わったから?わからないですけど(笑)

13.印象に残る季節(グレッチ)
指弾きでしっとりと。

14.You&Me(リッケンバッカー、リズムボックス)
買ったばかりの1966年リッケンバッカーを紹介。ネックの裏の塗装がはげていて、自分も髪を痛めつけてるから、禿げるかも。禿げても嫌いにならないで下さいね〜と。
ビートルズのI want to hold your handを弾いてました。
あとリズムの紹介で、JAZZとボサノバを披露。

15.ずっと好きだった(ギブソン335?)

男性が「せっちゃーん」と太い声で叫んだのに対して、
野郎は黙ってろ!のおなじみの返し(笑)

16.君が百回嘘ついても(ダンエレクトロダブルネック・ループマシン・ドラム)
ダブルネックは3○みたいと下ネタ(笑)
12弦、6弦じゃなくて、6弦、4弦というのがいいでしょう?と。
私もそう思ってました!

ドラムに座って運ばれるのが、結構怖いとのことで、
前にそのまま転がっていったり、とか、シンバルでギロチンになったり、と戯けてました(笑)

17.僕の踵はなかなか減らない(ギブソンJ45 2号)
ブレイクのとこで、マニッシュのMach Venusのギターフレーズと、絶叫!

18.LOVE&PEACE(ギブソンJ45 2号)
もうこの辺からヒートアップして、記憶ないですし(笑)

19.BAD TIME BLUES(ギブソンJ45 2号)
ホーリーグレイル使用

20.I Love Me(ギブソンJ45 2号)
イントロで場内のボルテージはMAXでした!

21.やさしくなりたい(ギブソンSJ200)
白いディレイ使用

22.月光(ギブソンSJ200)

アンコール
ツアーグッズの黒シャツで登場。

1.ひまわりの夢(ギブソンJ45 3号)
みんな歌って下さ〜い!ワンツースリーフォー!

2.ワンダフルフィッシュ(ギブソンJ45 3号)
終わったあと、左手がかなり疲れたらしく、ずっと手を振ってました。

3.表参道(ギブソンJ45 3号)
一日目より、鈴の振り方がこなれた感じ(笑)
ドヤ顔してました(笑)

ほんとにツアーの後半、すごいことになるんじゃ?!という期待感満載のライブでした!
行ける方羨ましい!DVD出て欲しい!
posted by とよ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

ネタバレ 斉藤和義弾き語りライブレポinオリックス劇場2012.11.13

斉藤和義 弾き語りライブinオリックス劇場1日目!
昨日行ってきましたよ!

晴れ男のせっちゃんにしてはめずらしく、あいにくの土砂降り、あげく雹に雷の鳴り響く大荒れでした。
会場に着くと、物販がまだやっていて、今回は買わない!とか思っていたのに、
斉藤画伯が描いた微妙なガイコツがバックプリントになっているパーカーなんか買ってしまいました。
次は、カレンダーとJ45型USB買おうかな。。。なんて、すっかり思う壺になってますが。

開場までの間エントランスで、今か今かと皆さんのボルテージが上がっていく中、
会場スタッフの一人が上司に呼ばれました。

「斉藤君、こっち」

周りの人がいっせいに、その斉藤君を見てました(笑)
斉藤君って(笑)ま、スタッフさんに罪はないんですけど、ややこしい(笑)


※※※ここからはネタバレです※※※
注意:今回はずっとメモしてたので、長いです(笑)



そして会場に入ると、ステージに向かって左に、白いメロトロン。
真ん中に往年のリズムボックス、フェンダーアンプ、VOXアンプ、ギター数本に囲まれたギタースペース。
右側にウーリッツアーとキーボードが鎮座していました。
とってもいい雰囲気。
メロトロンとウーリッツァーって(笑)
せっちゃん、どんな弾き語りするのかワクワクです。

そして、開演・・・。
ふらーっとやってきてギターを手に取り、椅子に座り、

1.何処へ行く(ギブソンJ45 3号)

明日の〜

でいきなり始まる歌いだし!
鳥肌立ちました。
せっちゃん、金髪に色を加えたらしく、「なんだかわからない色(本人談)」になってました(笑)
見ようによってはシルバー?山んば?(笑)みたいな。
ちょっと痩せたっぽいです。
いつも腕に書いている3匹の猫?は描いてませんでした。

足元にあるフットリズム?足で踏むと振動で音がするやつです。
我が家にもあって、一回使いましたが、踏むたびに前に滑って行って私には使いこなせなかった!(笑)

2.やぁ無常(ギブソンJ45 3号)

この曲は、バレーコードが続くので左手がしんどいのですが、2カポで省略コードで弾いてました。
勉強になる!!

そしてMC・・・
リズムボックスの横にティッシュケースが置いてあり、いきなり鼻をかんでました。
秋の花粉症ですって(笑)
マニッシュボーイズのツアーで、(個性の強いたっつあんと一緒だったので)柔術使いみたいでしたけど、
今回の弾き語りは一人なんで助けてくださいね〜とゆるーくMC。
弾き語りをはじめて、あぁ俺はボーカリストだったんだって思い出しました。って言ってました。

3.愛に来て(ギブソンJ35・リズムボックス)

この曲、前にカバーしましたけど、市販されてる譜面と微妙にコード感が違ってました。
おかずが多い!さすがです。

ギターをチェンジしながらのMC・・・
東京メトロのCMに出た話と、武井咲ちゃんてかわいいいねと、そのあと軽く下ネタ。(笑)
今回の下ネタはこれだけでした。
大人な雰囲気(笑)

4.メトロに乗って(オベーション12弦アコギ)

12弦の響きが非常に心地よかったです。
終わった後・・・

「大阪は(反応が)いまいちですね(笑)
今度は大阪の曲書きます。」って言ってました。

5.ウサギとカメ(ギブソンL00)

NHKの録音でも使われていたL00ですが、思ったよりもピーキーなサウンドでした。
もっとまろやかな音かと思っていたのですが。。。
この曲は、J45で聴きたかったです。
サビあたりで一回コード見失ってましたけど、見失う箇所が私と一緒だったのでなんかうれしかったです(笑)

6.負け犬の歌(ギブソンL00)

前回の45ツアーで唯一演奏されなかった曲です。
いい感じで暗いです(笑)

7.Are you ready?(ギブソンJ35)

アコギバージョンでもこの曲はロックです。
カッティングの強弱とか、ミュートの仕方とか、とにかくガン見してました。
最後の終わり方がバンドの時と違ったのですが、こっちも非常にかっこよかったです。

8.雷雨決行・クロマニヨンズカバー(ウーリッツァー)

この曲は、せっちゃんが最近一番好きな曲とのことで、心こめて歌ってる感がありました。
個人的にはウーリッツァーが気になってしかたなかったんですけど、
とっても心地いい音でした。

9.LOVE&LOVE(下北沢で5千円で買った80年代キーボード)

中古で安く買ったキーボードとのことで、チープさを生かした演奏だった気がします(笑)
プリセットのドラムパターンが何ともいい味で(笑)
でも結構この曲に合ってました。

10.蕎麦屋・中島みゆき(メロトロン)

そして、メロトロンに移り・・・。
うわー何弾くの?軽くストロベリーフィールズのイントロなんか弾くの?
とか思ったのですが、まさかの蕎麦屋でした(笑)
この曲はエレキでやると思っていたので超意外でした。

11.月影(メロトロン)

メロトロン2曲目は、月影です!!
昔の弾き語りでは、鍵盤とハーモニカでやってましたが、今回はメロトロン!
個人的にはアコギでの月影が聴きたかったです。

メロトロンでは、愛の灯なんてあうんじゃないかな・・・

12.名前をよんで(グレッチ)

ここからエレキなのですが、たぶん会場のスピーカーではなくアンプからの音しか出てなかったように思います。
スタジオでこじんまり演奏してるかのような雰囲気・・・。
ライブハウスで聴きたかったな・・・

13.印象に残る季節(グレッチ)

エレキ指弾きでしたが、音が超好みのものでした!
天国への階段のような、そうでないような(笑)
CDと印象が違いました。こっちの方が断然いい!

14.You&Me(リッケンバッカー、リズムボックス)

古いリズムボックスなので、プリセットのパターンがいじれないとのことで
「こっちがリズムボックスに合わせないとダメなんですよね〜」ってうれしそうに言ってました。
ちなみに愛にきてのリズムは、ハードロックだったらしく(全然ハードじゃない(笑))、めっちゃわらってました。
それよりもリッケンバッカー!
ゴールドピックガードに、ゴールドトラストロッドカバー、もちろんトースターピックアップ!
これでどんな曲やるの?って期待しましたが、なんでリッケンバッカーやったんやろ?って思ってしまいました・・・(笑)
でも曲はすごくいい曲!

15.ずっと好きだった(ギブソン335?)

なんでKS330使わなかったのか疑問が残りますが・・・(笑)
「この街を〜」と歌いだした時、開場が一斉にヒートアップしました。
最後のところで継続しそうだったのでまさかまた、ずっとウソだったにならないか心配しましたが、終わりました。
なんか、ほっとしました(笑)

16.君が百回嘘ついても(ダンエレクトロダブルネック・ループマシン・ドラム)

今回の一番の目玉ではないでしょうか?!
ダンエレクトロのダブルネック!
SGダブルネックでもなければ、12弦・6弦でもない、ダンエレクトロの6弦・4弦ダブルネックです!
マニアックだ〜(笑)

まずベースの方で軽くQEENのリフを弾き、ギターの方でチャカチャカ弾いて見せ、そして
なんとものすごいチープな音のクリック音を鳴らしながら、足元のループマシンに打ち込んでいきました。
一回目は失敗(笑)
そして、またピ・ピ・ピ・チーンとチープなクリック音から始まり、場内は爆笑(笑)
2回目でベースにギターを重ねることに成功し、せっちゃんは満足げにステージを後に・・・

え?ループマシンンの放置プレイ?(笑)
取り残された楽器がむなしくなり続け、そしてなんとドラムで登場!!
スゴイ人数のスタッフにドラムセットを引っ張ってもらって、ドラムたたいてます、せっちゃん(笑)
ドラムマシンで、ギター弾いて歌うのではなく、
ギター・ベースをマシンで鳴らし、ドラムを叩いて歌う。
なんかものすごいんですけど!
しかもヘッドセットマイクではないのが素晴らしい!
ドラム好きなんだな・・・

ここから立って演奏。会場もオールスタンディング!
ついにJ45の登場!
ここからラストまでノンストップです!

17.僕の踵はなかなか減らない(ギブソンJ45 2号)

これ、すごい。
カッティングがすごすぎる。
イエーイのとこはもちろんジャンプしましたよ。
立ってロックに弾く。
これぞ斉藤和義って感じで、さっきまでのゆるーい弾き語りが一変した瞬間でした。
やっぱ、この人かっこいいわ・・・って心の中でずっと連呼してました(笑)

18.LOVE&PEACE(ギブソンJ45 2号)

CDで聴いてるときはそんなに思わなかったのですが、
「スポンサーが金を出したから フリーダムは金網の中」
っていうとこが、なんかきましたね。
あー、そうなんだ、って。
なんか歌詞にすごく入り込んでしまいました。

19.BAD TIME BLUES(ギブソンJ45 2号)

背景が、都会の夜景に変わり・・・
熱唱・ギター激熱モードです。
サビの音全開と間奏のミュートのメリハリがものすごい好きです。

20.I Love Me(ギブソンJ45 2号)

これ!これ!!!!
めっちゃ聴きたかったので、あのリフが始まったとき悲鳴を上げました。(笑)
周りもうわーってなってました。
相変わらずの名演奏です。ステージの袖にライトがあったので、歩いてくるかと思いましたが、
中央から微動だにしなかったですね。それだけが期待外れ・・・。
あのリフ弾きながらステージを歩き回る姿が好きなんですが・・・。

21.やさしくなりたい(ギブソンSJ200)

アコギにディレイをかけてのイントロ。
あの有名なイントロとはちょっと違いますが、壮大な感じでした。
これも私はJ45で弾いてもらいたかった・・・、なんて。

22.月光(ギブソンSJ200)

曲はまだまだ続くよ・・・的な、盛り上がりでしたが、なんとこれが最後!
この曲、ラストって結構好きかも。
ものすごい熱唱でした。

そして言葉少なにステージから去っていきました。

アンコール
1.ひまわりの夢(ギブソンJ45 3号)

ツアーグッズの水色の微妙な絵が描かれたTシャツで現れ
みんなで歌ってくださーい!とアンコール開始!

「ドンマイ!!」
開場は大合唱。

2.罪な奴(ギブソンJ45 3号)

「一人じゃ難しいので、みなさん手伝って・・・」
と始まりましたが、リズムとるのが難しいこと・・・(笑)
オギャー、OKも会場は大合唱。

3.表参道(ギブソンJ45 3号)

この曲がラストとは意外でした。
バラッドも、歩いてもやらなかったなぁと落胆・・・。
リズムボックスの陰に隠れて半分見えなかった木製楽器みたいなの何かな?とずっと気になってたんですが
最後の最後に、背景がクリスマスツリーになって、その楽器を取り出しました。
鈴でした(笑)
マイクの前を行ったり来たりさせながら鈴をならしてました。
これだけの為においてたんだ(笑)

そしてステージから去り際に、オフマイクで客席になんか叫んでましたね。
ありがとーだったのかな?
あとなんか拾っていきました(笑)
なんだったんだろう?

前半は、椅子にすわったゆったりしたライブで、
「立たなくてもいいですよ。立たれるとプレッシャーになりますから」って言ったり
静かな曲の後に「のれるもんなら、のってみやがれ!」ってネガティブ発言も出たり(笑)

ギターコーナーのほかにメロトロンコーナーにもティッシュペーパーが用意されていたり(笑)

なんか突っ込みどころ満載なんですけど(笑)

本人も言ってたように「実験しながらのライブ」だったので、ツアー後半が楽しみです!(っていけないですけど(笑))

後半の怒涛の「貧血コース」はスゴイです。心と体力の準備が入ります。
今日の2日目は、ペース配分して楽しむぞ!!!
posted by とよ at 11:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

レスポール買い換え日記

ついに出ました、入荷しました。
待ちに待った「斉藤和義シグネチャー・ゴールドトップレスポール」
ギブソンで斉藤和義モデルの開発中との情報を得てから、まさかのKS330リリースを経て、遂に登場!です。

ギブソンが好きです。
中でもレスポールが好きです。
色は金色が好きです。
ピックアップはP90が好きです。
斉藤和義氏が好きです。

そりゃあ買うしかないでしょう(笑)

でもね、よく考えると、半年前にムスタング買ったばかりですし。
バンドしてない(アコギユニットですから)から、エレキ使えるのん?
っていう素朴な疑問もあります。

でもね、限定発売なんですよ。
限定とかいう言葉に弱い(笑)

とりあえず、心斎橋の三木楽器へ行ってきました。
この店は、斉藤和義氏にJ45を提供したりしているお店で、サイン入りギターなど斉藤和義氏ネタが随所にころがってます。
相棒のアコギB25はこの店で買いました。

お店に行くと、なんと通常販売されるVOSと、よりレリック加工がなされた30本限定生産直筆サイン入り認定書つきのエイジドの2本があったのです!!!
エイジドなんてお目にかかれるとは思ってもなかったので、かなり興奮しました。
2012-0901-120440615.JPG
では、ここから試弾きレポです。

まずはVOSから。
容姿からいきますと・・・。
ヘッドのギブソンロゴが、少し下よりです。
2012-0901-161009271.JPG
一番目を引いたのが、指板です!
エボニー?あの使用規制されたエボニー?と間違うくらいの濃いローズウッドです。
ここまで濃いローズって珍しいみたいです。
2012-0901-165935660.JPG
ネックは50年代の太目ネック。
フレットはややジャンボフレット。
そしてピックアップはP90リア一つだけの、ラップアラウンドブリッジです。
ネックジョイント部のヒールはカットされていて、22フレットとか弾けます(笑)
2012-0901-161036826.JPG
音はといいますと・・・。
さすがP90、まろやかでいてパワフル。
さすがにフロントの甘いトーンというのは出ませんが、中域のドーンとくるいい音。
やりましたね。やられましたね(笑)

ケースは、ブラウンに、ピンクの非常に分厚いクッションの入ったカスタムショップの豪華な造りです。
KSマーク入り。(個人的にはケースにはGIBSON・CUSTOMと入れてほしかった)
2012-0901-160739099.JPG
そして、こわごわ触ったエイジドの方はといますと・・・。
まず圧倒される、全面クラック加工。
ボディエッジには、塗装が剥げた後に見えるグリーンの下地の部分が再現されています。
傷とか、ボディ裏のバックル剥げなんかも再現。
店員さんは、この加工が最新のギブソンの技術力が凝縮されていて非常に素晴らしいとのことでした。
このギター、ネックがジャストフィットでした。離したくない感じ(笑)
正直弾いて、しまった!と思ってしまいました。(笑)
音は・・・。
クラック加工で塗装が薄くなっている分、ぎゅっとしまったまとまりのあるビンテージ感のある乾いた音。
またまた、しまった!しまった!と思ってしまいました。

そこからかなり悩みに悩んで、認定書も両方見せてもらって(エイジドの方は、シルバーのペンでサインしてました。なんとギブソンの人も直筆でした(笑))、私にはエイジドは恐れ多いと思い、VOSにしてしまったわけです。

三木楽器さん、詳しくいろいろ教えていただいてありがとうございました。
和義さんがひいきにされているのがわかります。
ギターっていいですね・・・。
今晩スタジオ入ろう(笑)2012-0901-160833069.JPG
posted by とよ at 20:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

満喫!!

いやー都雅都雅楽しかったぁぁぁ!!

言いたいことは、ほとんど相方ちんが書いてくれたので、あれですが、長谷川さん、広瀬さん、仁さん見に来てくれた友達、お客さん全ての人にありがとうです!!

ご一緒させていただいたバンドの方々がめちゃくちゃ上手くて緊張したけど、勉強になったし、聴いてても楽しかった♪
音楽ってえーな(^O^)


今、オリンピックで盛り上がってますが、この瞬間のために、4年間頑張ってきた選手達、規模は違えどこの瞬間のステージのために、積み重ねてきたもの。。。

完璧ではないし、反省点や改善点は多々あるけど、あの20分を自分なりに楽しめて噛みしめれたかな?

ま、相方ちんがアップしてくれた写真を見ていただければ伝わると思いますが(笑)

あー早くライブしたい!
もう、次の選曲を始めつつある、気の早いりょうでした(≧∇≦)

posted by りょう at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。